学苑者

 

アセスメントにもとづく学齢期の言語発達支援

アセスメントにもとづく学齢期の言語発達支援
LCSAを活用した指導の展開
 
大伴潔・林安紀子・橋本創一編著
 
B5判/2800円+税
ISBN:978-4-7614-0796-4
 
 
 
   
   

 


LCSAの具体的な解説書。指導事例、事例報告も収録。
 

●著者紹介(初版時)
大伴 潔(おおとも きよし)
東京学芸大学教育実践研究支援センター教授
林 安紀子(はやし あきこ)
東京学芸大学教育実践研究支援センター教授
橋本 創一(はしもと そういち)
東京学芸大学教育実践研究支援センター教授


●目次
第1章 学齢期の言語とLCSA
第2章 結果のプロフィール化と施行に際しての注意事項
第3章 LCSA にもとづく指導の実際
語彙知識/慣用句・心的語彙/口頭指示の理解/聞き取りによる文脈の理解/文表現/対人文脈/柔軟性/音韻意識/音読/文章の読解
第4章 リテラシーをめぐるトピック
自閉症スペクトラム障害のある子供における文章理解の難しさ/漢字の指導/作文の指導
 
*6つの指導事例、6つの事例報告も収録


●帯
言葉に課題のある学齢児を想定し、LCSA(学齢版 言語・コミュニケーション発達スケール)を用いて明らかになる言語面のプロフィールから支援の方向づけを行い、それにもとづく指導の方法を具体的に解説します。


LCSA

学齢版 言語・コミュニケーション発達スケール  
大伴潔・林安紀子・橋本創一・池田一成・菅野敦編著
B5変形判(施行マニュアルと課題図版のセット)/5000円+税
 


「文や文章の聴覚的理解」「語彙や定型句の知識」「発話表現」「柔軟性」「リテラシー」といった領域の課題から支援の方向性を示す評価法。