学苑社

特別支援教育・福祉・心理の本を出版している会社です

ビジュアルブック ASDの君へ
ビジュアルブック ASDの君へ
ラクな気持ちになるためのヒント集
ジョエル・ショウル著  大石幸二監訳
B5判変形/2500円+税
ISBN:978-4-7614-0805-3
 


 
 

自閉スペクトラム症(ASD)のある子どもが、からだや気持ちを調整するためにできる簡単な方法を、イラストで示したガイドブック。


 
●著者紹介(初版時)
ジョエル・ショウル
自閉スペクトラム症児と10代の若者の精神衛生サービスを専門とする。1979年ミシガン大学(ミシガン州)で心理学学士号を取得。1986年ルイビル大学(ケンタッキー州)でソーシャルワーク修士号を取得。その後ペンシルベニア州のワトソン研究所で個人および集団向け教育プログラムの開発と提供に従事してきた。

大石幸二
筑波大学大学院心身障害学研究科博士課程単位取得退学。修士(教育学)。現在、立教大学現代心理学部・教授。臨床心理士、臨床発達心理士、公認心理師。
The Association for the Persons with Severe Handicaps終身会員。日本行動分析学会編集委員。日本発達障害学会常任編集委員。臨床発達心理実践研究編集委員。


●目次
その1 ラクな気分とイヤな気分
その2 からだの感覚を変えるちょっとしたコツ
その3 呼吸をするときのちょっとしたコツ
その4 気持ちの様子を変えるちょっとしたコツ
その5 必要なこととしたいこと
その6 ラクな気持ちになるためにできることはなんでもしましょう
その7 実際に練習してみましょう


●帯
本書を手に取った君へ
気が重くなったり、からだの調子が悪いと感じたりすることはありませんか? そういうとき、気の重さやからだの具合を良くする方法が実はたくさんあります。この本を見れば、君が本来の感じでなくなり、からだの調子が悪いと感じたときに、どうすればよいかがわかります。この本は、イラストやマークを多く使い、簡単なことばで書いてあります。必要なときに見返して、君にうまく対応してほしいからです。また、この本はお父さんやお母さん、先生や友だちと一緒に見ることもできます。この本の後ろのほうにお父さんやお母さん、先生や友だちと一緒にできるゲームや練習が示されています。これらも活用しながら、さまざまな対処の技術を高めてほしいと思います。


●本書の特長
・からだや気持ちをラクにするための簡単な方法がわかる
・イラストやマークがわかりやすい
・困った場面やツライ状況をうまくやり過ごすためのヒントがたくさん
・ワークシート付き(コピーして使える)