学苑者

 

HOME | 星と虹色なこどもたち

星と虹色な子どもたち

星と虹色なこどもたち
「自分に合った学び方」「自分らしい生き方」を見つけよう
 
星山麻木著
相澤るつ子イラスト
B5判/2000円+税
ISBN:978-4-7614-0814-5

   

感じ方・考え方の違いを理解し、仲間同士助け合うために


●著者紹介(初版時)
星山麻木
明星大学教育学部教育学科教授。保健学博士。一般社団法人星と虹色なこどもたち会長。一般社団法人こども家族早期発達支援学会会長。日本音楽療法学会認定音楽療法士。映画『星の国から孫ふたり』監修。東京学芸大学音楽科卒業後、養護学校で音楽教師を務め、退職後、横浜国立大学大学院修士課程(障害児教育)修了。東京大学大学院医学系研究科国際保健学専攻 (母子保健学)博士課程修了。メルボルン大学客員研究員(早期介入)。鳴門教育大学障害児教育講座助教授を経て現職。中央大学文学部兼任講師。文部科学省大学設置専門員、教育委員、教育振興計画策定委員など務める。発達サポーターや専門ボランティアなど多くの人材を育成。家庭教育支援チーム文部科学省認証団体星とおひさまフィーカキャラバン監修。著書『この子は育てにくいと思っても、大丈夫̶生まれてきてくれてありがとう 子どもに伝えたいあなたのために』(河出書房新社)、『障害児保育ワークブック』(萌文書林)他多数。NHK「すくすく子育て」「発達障害の子どもとともに」など監修出演。
 
相澤るつ子
イラストレーター。絵本作家。画家。表現アートファシリテーター。東京藝術大学美術学部芸術学科卒。
神戸新聞赤とんぼ絵本賞受賞後『ゴロたんシリーズ』(ポプラ社)など、絵本、紙芝居、児童書、『うつを生かす』(星和書店)など心理学系の挿絵を多数手がける。全国夏休み読書感想文課題図書「救出」など3作品選出。並行して公立中学美術の非常勤講師も勤め、絵画表現の心理的側面に気づき、表現アート療法をPCETI 及びセイブルック大学院にてナタリー・ロジャース博士に師事。その後、明星大学通信教育にて星山教授のもと、教育学修士過程を終了し、非常勤講師として表現療法を定年まで勤めた。星山教授の教育理念に深く賛同し、「星と虹色なこどもたち」のパペット制作、書籍や絵本のイラストを担当している。


●目次
なんでも1 番 正義のみかた……レッドくん
こころやさしい あわてんぼう……オレンジちゃん
すばやく動く 人情家……イエローちゃん
繊細な きちんとさん……グリーンくん
孤高の天才……アクアちゃん
ゆっくり おおらか……ブルーくん
甘えん坊の さみしがりや……パープルちゃん
解説


星と虹色なこどもたち(サイト)
星とおひさま 葉山里山の学校(サイト)


星と虹色なこどもたちの人形劇で本書の理解を深めよう!

レッドくんレインボークリニックにやってくる

レッドくんの「またぶつかった」

レッドくんの「いろんな一番」ホタルみつけた!

オレンジちゃんレインボークリニックにやってくる

オレンジちゃんの「あっ、わすれた!」

グリーンくんと「遊ぼう」

アクアちゃんの「ほんとは音楽だいすき」

パープルちゃんの「お友だち」


さまざまな特性のある、虹色のこどもたちの感じ方・考え方を理解し、仲間同士で助け合うための方法を提案します。一人ひとり異なった色であることを尊重することによって、こどもは輝き、生きやすくなっていきます。