学苑社

特別支援教育・福祉・心理の本

構音障害の指導技法

構音障害の指導技法構音障害の指導技法
音の出し方とそのプログラム

湧井豊著
A5判/並製 3398円+税
ISBN:978-4-7614-9207-6


具体的な指導ステップ・プログラムとその効果的な遊びをセットにし、イラストを満載して平易に解説。親、教師必携のテキスト。

LinkIconアマゾンで購入する
LinkIcon楽天ブックスで購入する
LinkIconセブンネットショッピングで購入する
LinkIconブックサービスで購入する

●目次
序文
まえがき

I. 構音障害の基礎知識
  構音障害について
  誤りのタイプ
  障害音の種類
II. 構音障害の検査と診断
  構音検査法
  関連する検査
  検査結果のまとめ
  治療対象者の選定
  発語器官の見方とその医療処置
III. 指導ステップ・プログラム
  A.[カ]行の構音指導ステップ・プログラム
  B.[ガ]行の構音指導ステップ・プログラム
  C.[サ]行の構音指導ステップ・プログラム
  D.[ザ]行の構音指導ステップ・プログラム
  E. 側音化構音の指導ステップ・プログラム
IV その他の異常構音の指導
V 基本的な遊び
VI 単語リスト

参考文献
あとがき

●帯
お茶の水大学名誉教授 田口恒夫氏推薦
この本は、著者の25年の経験を形に変えた、先生がたのための「手引」である。「ただ無力を嘆いたり迷ったり考え込んだりしないで、とりあえずこのプログラムに乗って進んでごらんなさい。そうしているとだんだんと、いろいろ肝心なことがひとりでに見えてきますよ。」と言っている、後進への思いやりに溢れた先輩の手引である。迷ったときに頼ってみれば有り難みがわかり、著者の親切が身にしみることであろう。〜序文より〜