学苑社

特別支援教育・福祉・心理の本

ことばを育む親子通級

ことばを育む親子通級
「こんなお母さんが子どもを伸ばす」六か条

五島君子著
四六判/並製 2000円+税
ISBN:978-4-7614-0301-0



通級指導教室で授業に親が同席する独自の指導形態「親子通級」を20年以上続ける教師が、障害児を育てる母親を信頼していくことの意義について問いかける。

●目次
序 章 養護学校で出会ったお母さんたち

第1章 「こんなお母さんが子どもを伸ばす」六か条
  1 指導の基本原則「親子通級」
  2 子どものあるがままを見てもらって……
  3 子どもに力をそそぐお母さんたちとの出会い
  4 「六か条」は後に続くお母さんたちへのメッセージ

第2章 「根気強く」課題に取り組むお母さん
  1 甦ったことば
  2 いつか必ず何かにつながっていくはず、生きてくるはず
  3 匡也がこちらの心のうちを見抜くぐらい、
    匡也の心のうちが見抜けたらなあ……
  4 自分の弱さを直視する勇気をもち続けて

第3章 子どもが「みえる」お母さん
  1 しつけの判断基準はお母さんの常識
  2 干支が大好きな「小さな天才君」
  3 製作活動に専念させてあげるお母さん
  4 スクリーン印刷技術が生かせる幸運にめぐりあえて

第4章 「待てる」お母さん
  1 本が読めるだけで、ばんばんざい!
  2 少しでも早く二歳に追いつくことではなく……
  3 生命への深い慈しみに根ざした待つ姿勢
  4 本を読むことが、生きる喜びになってくれたらいい

第5章 「工夫できる」お母さん
  1 平君の『きかんしゃトーマスのあさごはん』の部分読み
  2 思う存分におしゃべりを楽しませた平君の「ひとこと」への共感
  3 平君、「絵本お話ノート」で大いに語る
  4 工夫をもたらした平君への歩み寄り

第6章 先生に「本当のことが言える」お母さん
  1 ことばと漢字に意味を結びつけて
  2 やればできるという見通しがもてたとき
  3 先生、妹の手紙読んだって
  4 教師と母親が本音を語り合えるためには

第7章 夫と「仲のよい」お母さん
  1 子育ての立脚点「二人で頑張って育てる」
  2 親子通級に付き添ったお父さん
  3 父親には翔太君の育ちをみつめる確かな目をもってほしい
  4 「おばちゃん、おなかのなかに忘れてきたんじゃない」と言われ……

あとがき  お母さんたちに感謝の気持ちをこめて