学苑社

特別支援教育・福祉・心理の本

言語発達遅滞(1)

シリーズ言語臨床事例集2
言語発達遅滞(1)

飯高京子・畦上恭彦・大伴潔・津田望・山崎祥子編
A5判/並製 4200円+税
ISBN:978-4-7614-0107-8



様々な教育現場、医療機関、地域センターなどで実践されている支援を紹介。臨機応変な指導アプローチを実践するための格好の手引きとなるだろう。

LinkIconアマゾンで購入する
LinkIcon楽天ブックスで購入する
LinkIconセブンネットショッピングで購入する
LinkIconブックサービスで購入する

●目次
1 幼児小集団での指導
   事例1 幼児の小集団指導
       −コミュニケーション力をつけていくために−
   解 説 幼児の小集団指導
       −コミュニケーション力をつけていくために−

2 言語的やり取りを通した指導
   事例2 対人関係が希薄な幼児の指導例−音の面白さを糸口に−
   事例3 会話能力の援助−やりとりから言語使用へ−
   事例4 ことばをもつが会話が成り立ちにくい子どもへのインリアル・アプローチ
   解 説 コミュニケーションを重視した言語指導
       −三つの事例報告を読んで−

3 自閉症児への指導
   事例5 予後良好な自閉症児の症例
   事例6 自閉症児における課題の意味の気づきに注目した指導法
       −大小、はい−いいえ、いくつ、絵画配列の理解について−
   事例7 自閉症生徒の就労支援プログラム
       −職場・本人とのコミュニケーションの媒介的支援−
   解 説 自閉症児のコミュニケーション指導
       −三つの事例報告を読んで−

4 中・長期にわたる指導
   事例8 言語発達遅滞児の指導
       −6年間にわたる指導経過−
   事例9 養護学校に在席する知的障害児のコミュニケーション指導
   事例10 養護学校における重度重複障害児の
       コミュニケーション指導
   事例11 <おもちゃライブラリー>での指導
       −ぼくも、もう来ない−
   解 説 指導アプローチの多様性について