学苑社

特別支援教育・福祉・心理の本

聴覚障害

シリーズ言語臨床事例集11
聴覚障害

相樂多惠子・鷲尾純一編
A5判/並製 3400円+税
ISBN:978-4-7614-0407-9



補聴技術の進歩や人工内耳によって、大きく様変わりする聴覚障害者の援助方法について、コミュニケーションの重視という点から事例を紹介。

LinkIconアマゾンで購入する
LinkIcon楽天ブックスで購入する
LinkIconセブンネットショッピングで購入する
LinkIconブックサービスで購入する

●目次
1 発達援助を基盤とした難聴幼児及び重複障害児の指導
   事例1 難聴幼児の言語指導
   解 説 難聴幼児の言語指導
   事例2 通園施設における難聴児の療育
   解 説 通園施設における難聴幼児の言語指導
   事例3 難聴幼児通園施設における人工内耳装用児の指導事例
   解 説 聴覚障害児の養育援助
   事例4 難聴を伴う重複障害児のコミュニケーション援助
   解 説 コミュニケーションの中で生きる

2 学校生活への適応指導
   事例5 難聴学級における指導
   事例6 難聴中学生への支援
       —コミュニケーションと自己像(self-image)の問題—
   解 説 難聴学級における支援のあり方をめぐって

3 成人障害者のリハビリテーション
   事例7 中途聴覚障害者のリハビリテーション
       —急激な聴力低下を経験した例—
   解 説 中途聴覚障害者のリハビリテーション
   事例8 高齢難聴者の指導事例
   解 説 高齢難聴者の事例
   事例9 人工内耳装用者の指導事例
   解 説 成人の人工内耳リハビリテーションにおける
       言語聴覚士の役割