学苑社

特別支援教育・福祉・心理の本

脳性麻痺

12genngo.jpgシリーズ言語臨床事例集12
脳性麻痺

森永京子・鈴木真知子・田中倶子・大浜文恵編
A5判/並製 3800円+税
ISBN:978-4-7614-0506-9


言語指導の際の姿勢に対する配慮や工夫、聴覚障害を伴った場合なども盛り込み、ライフステージに沿いながら脳性麻痺のコミュニケーション支援について解説。

LinkIconアマゾンで購入する
LinkIcon楽天ブックスで購入する
LinkIconセブンネットショッピングで購入する
LinkIconブックサービスで購入する

●目次
1 総説

2 初期コミュニケーションを育てる
   事例1 重度脳性麻痺児の前言語期からのアプローチ
   解 説 初期コミュニケーションの評価・援助の問題点
   事例2 重複障害児のプレスピーチ指導
   解 説 重度・重複障害児の指導の課題

3 脳性麻痺児の言語指導
   事例3 言語獲得早期より発声発語機能へのアプローチを行った
       中等度痙直型アテトーゼ児
   解 説 脳性麻痺乳幼児への言語指導
   事例4 失調型脳性麻痺児への言語臨床
   事例5 音声表出が困難なアテトーゼ型四肢麻痺児
       —AAC(Augmentative & Alternative Communication:
       代替コミュニケーション)活用を通しての表出言語獲得—

4 難聴を伴う脳性麻痺児へのコミュニケーション援助
   事例6 難聴を伴う重度脳性麻痺児へのコミュニケーション援助
   事例7 乳幼児期から長期にわたったコミュニケーション援助
       —難聴を伴うアテトーゼ型四肢麻痺児—
   事例8 養護学校における言語指導
       —難聴を伴う重度脳性麻痺児の聴覚活用指導を通して—
   解 説 難聴を伴う脳性麻痺児の聴覚活用とコミュニケーション指導

5 音楽療法による言語発達援助
   事例9 音楽療法による言語発達促進訓練(1)
       —重度心身障害児の長期訓練—
   事例10 音楽療法による言語発達促進訓練(2)
        —重度脳性麻痺児の文字習得・文字を
         媒介にした発語の習得—
   解 説 言語訓練に音楽療法を

6 成人を対象にしたコミュニケーション援助
   事例11 重症心身障害児施設における
        コミュニケーションヘのかかわり
   事例12 構音障害を主訴とした痙直型脳性麻痺者に対する
        チーム・アプローチ
   解 説 成人の事例に関するコミュニケーション援助