学苑社

特別支援教育・福祉・心理の本

言語・コミュニケーション・読み書きに困難がある子どもの理解と支援

言語・コミュニケーション・読み書きに困難がある子どもの理解と支援シリーズ きこえとことばの発達と支援
特別支援教育における
言語・コミュニケーション・読み書きに困難がある子どもの理解と支援


大伴潔・大井学編著
B5判/並製 3000円+税
ISBN:978-4-7614-0739-1


ことばの発達に遅れのある子どもや、自閉症スペクトラムなどの子ども、読み書きに難しさのある子どもへの評価から支援のあり方について解説。

LinkIconアマゾンで購入する
LinkIcon楽天ブックスで購入する
LinkIconセブンネットショッピングで購入する
LinkIconブックサービスで購入する

●著者紹介(初版時)
著者紹介
大伴 潔(おおとも きよし)【編集・I章A4, B1~3, C1,2, D, E1,3】
東京学芸大学教育実践研究支援センター教授
専門は、言語・コミュニケーション発達の評価と支援、言語障害学、特別支援教育
主な著書:『言語・コミュニケーション発達スケール LCスケール』(共著、学苑社)『言語・コミュニケーション発達の理解と支援プログラム―LCスケールによる評価から支援へ―』(共編著、学苑社)『よくわかる言語発達』(分担執筆、ミネルヴァ書房)

大井 学(おおい まなぶ)【編集・II章A、C1、コラム2】
大阪大学・金沢大学・浜松医科大学連合小児発達学研究科教授/金沢大学子どものこころの発達研究センター教授/同学校教育系教授
専門は、語用論の障害の基底機構(認知・脳機能・文化)の解明とその臨床応用
主な著書:『子どもと話す―心が出会うINREALの会話支援―』(共著、ナカニシヤ出版)生きたことばの力とコミュニケーションの回復(共著、金子書房)、アスペルガー症候群の子どもの発達理解と発達援助(共著、ミネルヴァ書房) 

江尻 桂子(えじり けいこ)【I章A1〜3】
茨城キリスト教大学文学部児童教育学科准教授

髙橋 登(たかはし のぼる)【I章B4、III章A】
大阪教育大学教育学部教授

川合 紀宗(かわい のりむね)【I章C3、コラム1、III章B3】
広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター准教授

金森 克浩(かなもり かつひろ)【I章E2】
独立行政法人国立特別支援教育総合研究所

上野 直子(うえの なおこ)【I章E4】
聖学院大学非常勤講師

宇賀神 るり子(うがじん るりこ)【I章E5】
調布市子ども発達センター

畦上 恭彦(あぜがみ やすひこ)【I章E6】
国際医療福祉大学言語聴覚学科准教授

大井 佳子(おおい よしこ)【II章B、C2】
北陸学院大学人間総合学部幼児児童教育学科教授

藤野 博(ふじの ひろし)【II章C3】
東京学芸大学教育学部教授

田中 早苗(たなか さなえ)【II章C4】
金沢大学子どものこころの発達研究センター

橋爪 ゆかり(はしづめ ゆかり)【II章C5】
AACで話そう け・せら・せら 代表

石坂 郁代(いしざか いくよ)【III章B1,2】
北里大学医療衛生学部リハビリテーション学科言語聴覚療法学専攻准教授

小林 マヤ(こばやし まや)【III章C, D1】
上智大学国際言語情報研究所

西岡有香(にしおか ゆか)【III章D2~4】
大阪医科大学LDセンター

●目次
まえがき
I 言語・コミュニケーションの発達とその障害
A ことばの発達を支えるもの
1 対人的コミュニケーション
2 ことばの発達を支えるもの――乳児期の知覚・認知発達
3 最初のことばが出る前
4 発音するスキル
B 言語・コミュニケーション発達の流れ
1 語彙の獲得から語連鎖へ
2 文法の確立
3 談話
4 学齢期の言語
C 話しことばの遅れ
1 障害のタイプ
2 語彙が育ちにくい子ども
3 語をつなげて話すことが難しい子ども
D 話しことばの評価
1 なぜ評価が必要なのか
2 言語・コミュニケーション評価の観点
3 「言語・コミュニケーション行動」の評価の実際
4 自発話の分析
5 「発達状況」の評価の実際
6 「言語・コミュニケーション環境」の評価の実際
7 適切な長期目標・短期目標の設定
E 話しことばへの支援
1 支援の実際
2 音声表出が難しい子どもへの支援(AAC)
3 語彙を育てる支援
4 文の理解と表現を育てる支援
5 談話のスキルを育てる支援
6 家庭での配慮
コラム1 アメリカの学校における支援の実際(IEP の活用など)

II 自閉症スペクトラムの子どもの言語・コミュニケーション
A 自閉症スペクトラムの子どもの言語とコミュニケーション
1 自閉症スペクトラムの概説
2 知的障害のある自閉症スペクトラムの子どもの言語とコミュニケーション
3 知的障害のない自閉症スペクトラムの子どもの言語とコミュニケーション
B 自閉症スペクトラムの子どものコミュニケーションの評価
C自閉症スペクトラムの子どもへのコミュニケーション支援
1 支援の実際
2 要求の表現を育てる支援――「要求させる」支援になっていませんか?
3 小グループのなかでのかかわりを育てる支援
4 行事への参加に向けた支援
5 家庭での配慮
コラム2 支援の専門性――日米比較から

III読み書きの発達とその障害
A 読み書きの発達
1 仮名文字の習得
2 漢字の習得
3 アルファベットの習得
B 読み書きの困難
1 仮名文字を読むこと・書くことの困難
2 漢字を読むこと・書くことの困難
3 文章による書記表現が難しい子ども
C 読み書きの評価
D 読み書きへの支援
1 支援の実際
2 仮名の書字の支援
3 漢字の読み書きの支援
4 家庭での配慮

●帯より
ことばの発達に遅れのある子どもや、自閉症スペクトラムなどの個性的なコミュニケーションのスタイルをもつ子ども、読み書きに難しさのある子どもへの評価から支援のあり方について具体例を交えて解説します。言語・コミュニケーション発達や読み書きの基礎を理解する入門書であるとともに、より専門的な知識や支援方法を学びたい人にとっても新たな視点を提供します。