学苑社

特別支援教育・福祉・心理の本

なゆたのきろく:吃音のある子どもの子育てと支援

nayuta_4c_obi.jpgなゆたのきろく:吃音のある子どもの子育てと支援
なゆたのきろく
吃音のある子どもの子育てと支援

阿部法子(吃音のある子どもの母親)・
坂田善政(国立障害者リハビリテーションセンター・言語聴覚士)著
A5判/並製 1800円+税
ISBN:978-4-7614-0776-6


変動することばの状態に心を揺らす母親と言語聴覚士の詳細なやりとりを再現。「うちの子、どもってる?」そんな不安をもつ家族、そして吃音に悩む親子を支援する臨床家のための1冊。

LinkIconアマゾンで購入する
LinkIcon楽天ブックスで購入する
LinkIconセブンネットショッピングで購入する
LinkIconブックサービスで購入する

●著者紹介(初版時)

阿部法子
大妻女子大学家政学部 児童学科 児童学専攻卒業。保育士。
坂田善政
筑波大学大学院 人間総合科学研究科 生涯発達専攻リハビリテーションコース修了。言語聴覚士。

●目次

はじめに(阿部法子) 
吃音とは? 

1 どもる なゆた―どもり始めからST に通うまで― 
 1 どもり始めた頃(3歳) 
 2 全身に力を込めてどもる(4歳11か月) 
 3 坂田先生との出会い(5歳0か月) 
    吃音の進展 
 4 国リハへ(5歳1か月) 
    吃音の相談を受け入れている専門機関の探し方 
    「様子を見ましょう」と言われたら? 
    「環境調整が大切」=「吃音は親のせい」? 
 5 ST(ことばの訓練)が始まる(5歳2か月) 
    「軟起声」とは? 
 6 ことばが少しずつ聞きやすくなってきた(5歳3か月) 

2  吃音症状に一喜一憂―吃音とおべんきょうに振り回される私―
 1 再びどもることが増えて(5歳4か月)
 2 アプローチを変える(5歳4か月) 
    リッカム・プログラム 
    ST(言語聴覚療法)ではどんなことをするの? 
 3 アプローチを戻す(5歳5か月)
 4 「やさしく話す」の『やさしい』を伝えたい!(5歳6か月)
    吃音は治るの?
 5 スモールステップ& エラーレス(errorless)で(5歳7か月) 

3  吃音とじっくり向き合う
 1 スラスラ記念日(5歳7か月)
    吃音症状と非流暢な話し方の違いって? 
 2 最善をつくしてじっと待つ(5歳8か月) 
    寛解とは? 
 3 ことばの状態評価を⓪(ゼロ)にした!(5歳10か月) 
 4 チームなゆた(6歳0か月) 
 5 言わせようとするとブロック(6歳1か月)
    吃音を治したいと思うのは悪いこと?
 6 大地のどもり(6歳2か月)
    どもり始めたばかりの頃の親の対応のポイント・どもり始めた年齢によって違うこと 

4  大切にしたいことって何だろう 
 1 就学時健診(6歳4か月) 
    吃音があることを人に伝えること
 2 良くなったり悪くなったりをくり返しながら(6歳5か月) 
 3 完璧にやらないと?(発表会に向けて)(6歳8か月) 
 4 青空に向かって咲く桜を見て(6歳9か月) 

5  就学、そしてこれから 
 1 小学校に入学(6歳10か月) 
    就学にあたっての学校との連携・就学後の連携のポイント 
 2 学校との連携って?(6歳11か月) 
 3 寛大、その後…(7歳2か月~) 


資料 
『なゆたのきろく』に寄せて(坂田善政) 
おわりに―ひとりじゃないよ、一緒に話そう、吃音のことー(阿部法子) 

●帯
3歳でどもり始めたなゆた君の5年間の記録
変動することばの状態に心を揺らすお母さんと言語聴覚士の詳細なやりとり。“チームなゆた”のサポートと本人の成長……。吃音に関する情報と対応もわかりやすく解説されており、「うちの子、どもってる?」そんな不安をもつご家族、そして吃音に悩む親子を支援するすべての臨床家にとって、多くを受け取ることのできる1冊です。原由紀氏(北里大学 言語聴覚士)推薦!