学苑社

特別支援教育・福祉・心理の本

吃音検査法 第2版 解説

吃音検査法 第2版 解説吃音検査法 第2版 解説

小澤恵美・原由紀・鈴木夏枝・森山晴之・大橋由紀江・
餅田亜希子・坂田善政・酒井奈緒美著
B5判変型/5000円+税
ISBN:978-4-7614-0782-7



第2版より検査図版と解説が別売りとなった。再構成とともに記録の記載例、CD-ROM(スピーチサンプル)に加えDVD(症状サンプル)を付加した。 第2版での主な修正点は以下のとおりです。1.「 吃音症状および非流暢性の分類」の再構成。 2. 重症度プロフィールの再構成。 3. 記録まとめと記録用紙の一部修正と記載例の付加。 4. 初版と同じスピーチサンプルのCD-ROMに加え、第2版の「吃音症状および非流暢性の分類」に準じた症状サンプルのDVDを作成、付録とした。


記録用紙や記録のまとめのフォーマットをダウンロードできます。
ダウンロードには、ID、パスワードが必要です。
吃音検査記録用紙

LinkIconアマゾンで購入する
LinkIcon楽天ブックスで購入する
LinkIconhontoで購入する

●著者紹介(第2版第1刷時)
小澤 恵美(おざわ えみ)
  元国立障害者リハビリテーションセンター病院
原 由紀(はら ゆき)
  北里大学医療衛生学部
鈴木 夏枝(すずき なつえ)
  元神奈川県立こども医療センター発達支援部言語聴覚室
森山 晴之(もりやま はるゆき)
  元帝京平成大学健康メディカル学部
大橋 由紀江(おおはし ゆきえ)
  神奈川県立こども医療センター発達支援部言語聴覚室
餅田 亜希子(もちだ あきこ)
  東御市立東御市民病院
坂田 善政(さかた よしまさ)
  国立障害者リハビリテーションセンター学院
酒井 奈緒美(さかい なおみ)
  国立障害者リハビリテーションセンター研究所

吃音検査法 第2版 解説
●目 次
第2版の刊行に際して
初版まえがき
図表一覧

I 吃音検査法
1 吃音検査法の開発経過
 (1)〈試案1〉の作成
 (2)改訂版の作成
 (3)吃音検査法 第2版の作成
2 吃音検査法の概要
 (1)検査の枠組み
 (2)分析

II 検査項目一覧
 幼児版
 学童版
 中学生以上版

III 手引き
 1 実施
 2 適応年齢
 3 実施手順
 (1)幼児版  
 (2)学童版  
 (3)中学生以上版 
4 記録

IV 資料
1 吃音検査法の非吃音児者への実施と非流暢性の分析結果
 (1)目的
 (2)方法
 (3)結果
2 〈試案1〉の吃音児者、非吃音児者への実施と非流暢性の分析結果
 (1)目的
 (2)方法
 (3)結果
3 吃音検査法〈試案1〉から、吃音検査法へ改訂までの過程
 (1)〈試案1〉の吃音症状分類
 (2)吃音症状分類の改訂
 (3)〈 試案 1〉と吃音検査法の吃音中核症状頻度ならびに総非流暢性頻度の比較検討

V 付録
 吃音検査法総合評価用紙
 総合評価用紙補足説明
 吃音検査法 症状サンプル(DVD)・スピーチサンプル(CD─ROM)記載例

 参考文献

VI 記録用紙と記録まとめ
 幼児版    記録まとめ
        記録用紙
 学童版    低学年用 記録まとめ
        低学年用 記録用紙
        高学年用 記録まとめ
        高学年用 記録用紙
 中学生以上版 記録まとめ
        記録用紙

VII 記録と記録まとめ記載例
 幼児版
 学童版
 中学生以上版

 吃音検査法 症状サンプル(DVD)・スピーチサンプル(CD-ROM)についてのお願い
 著者紹介