学苑社

特別支援教育・福祉・心理の本

ハワイ式問題解決法 ホ’オポノポノ

ハワイ式問題解決法 ホ’オポノポノ ハワイ式問題解決法 ホ’オポノポノ

E・ビクトリア・シューク著
山下英三郎訳
A5判/並製 2300 円+税
ISBN:978-4-7614-0716-2


ハワイの先人たちが人間関係を平和的に維持するためにとってきた問題解決法。他者とよりよい関係を築くために。

LinkIconアマゾンで購入する
LinkIcon楽天ブックスで購入する
LinkIconセブンネットショッピングで購入する
LinkIconブックサービスで購入する

●著者紹介(初版時)
著者
E.ビクトリア・シューク(E.Victoria Shook)
*シュークについては本書にグアムで教師をやっていたことと、ハワイ大学で研究生活を送っていたこと以外は言及していないために、経歴不明である。著者に関する情報を出版元に問い合わせるなどしたが、入手することはできなかった(訳者)

訳者
山下英三郎(やました えいざぶろう)
1946年長崎県生まれ
現在:
日本社会事業大学社会福祉学部教授
日本スクールソーシャルワーク協会会長
著書:
「相談援助:自らを問い・可能性を感じとる」(学苑社,2006年)
「スクールソーシャルワーク論—歴史・理論・実践—」山下英三郎・内田宏明・半羽利美佳・共編著、日本スクールソーシャルワーク協会編(学苑社,2008年)
「きみの心のパートナー」(旬報社,2003年)など多数。
1986年半ばから、実践活動を通してわが国にスクールソーシャルワークの導入を提唱し活動し続けてきた。また、モンゴルの児童支援など海外における活動も継続的に行なっている。近年は修復的対話の紹介と展開に取り組んでいる。

●目次
まえがき
訳者まえがき

第1章 ホ’オポノポノの概要
ホ’オポノポノの文化的背景
ホ’オポノポノの再興
説明
あるハワイ先住民家族のホ’オポノポノ
まとめ

第2章 文化、変容、そしてメンタルヘルス実践:
今日のホ’オポノポノ実践に関する3つの課題
文化に対する適切なサービスへの動き
セラピーにおけるエミックとエティックのバランス
文化の変容に対する個人の反応
まとめ

第3章 ケーススタディ
聞き取りの方法
ケーススタディの概要
ホ’オポノポノ実践に関する8つのケース
まとめ 

第4章 ホ’オポノポノのバリエーション
一致する部分と不一致の部分の検証
ホ’オポノポノのソーシャルワークモデル 
まとめ

第5章 結論と展望
聞き取り調査に参加したリーダーたち
全体の流れ 
ホ’オポノポノの意義と未来

付録1 
付録2
付録3本書に出てくるハワイ用語

●帯
対立ではなく対話。攻撃ではなく、調和。他者の否定ではなく、尊重。
他者との間に生じた問題の解決に際して、私たちがないがしろにしてきた事柄がホ’オポノポノの中にある。ハワイの先人たちが人間関係や社会関係を平和的に維持するためにとってきた、このホ’オポノポノには、現代の緊張感とストレスに満ちた生活から抜け出すための手がかりがある。長い歴史を有すると同時に、きわめて今日的かつ未来的な方法は、私たちの暮らしに温もりを取り戻してくれるはずである。

●パンフレットより
 ホ’オポノポノとは、ハワイ語でものごとを適正な状態にするという意味である。ハワイ先住民の間で、家族や地域共同体の中で生じた人間関係のコンフリクト(対立、争い)を解決する方法として用いられてきた。
 ホ’オポノポノの根底には、人と大地と宇宙の調和というハワイ先住民の大いなるテーマがあり、その調和を乱す行為を修復するという観点から問題解決が図られる。この問題解決法の特徴は、調和を乱した者を単に罰したり排除するというやり方ではなく、関係者が参加し対話によって解決策を導くというやり方である。対話の場では激しい感情のやりとりは諫められ、お互いがアロハ(愛)の精神をもって臨むことが求められる。
 参加者が時には数十人にも及び、対話のため集会は数日に及ぶというようなホ’オポノポノもあったようであるが、さすがに今日ではそのような規模のものはないようである。しかし、欧米流のカウンセリングや相談などに比べると、参加者や時間も長くかかる傾向がある。
 現代のように効率一辺倒の社会においては、風潮に反する方法であるように思われるが、関係を有する当事者が参加し、お互いを排斥することなくそれぞれが自分の意見を述べるという方法は、損なわれた関係を修復するという点からは重要な示唆を含んでいるように思われる。
孤立感に苛まれ、生きることの意味さえ見いだしがたい人々が多数存在していることを考えるならば、この効率的ではなく時間も手間も要する方法は、乾ききった私たちの精神と、他者との関係に潤いをもたらすことができるのではないだろうか。
 人類の財産ともいえる先人の叡智を、私たちが活用できるのだということを、本書は気づかせてくれるであろう。

日本社会事業大学社会福祉学部教授
日本スクールソーシャルワーク協会会長
山下英三郎