学苑社

特別支援教育・福祉・心理の本

子どもの社会的養護

子どもの社会的養護
事例を通して考える

内山元夫 著
四六判/並製 1800円+税
ISBN:978-4-7614-0405-5



好評の『施設の子どもへの援助』を大幅に加筆修正し、多様化する子どもの問題に対応すべく新たな事例を追加した。

LinkIconアマゾンで購入する
LinkIcon楽天ブックスで購入する
LinkIconセブンネットショッピングで購入する

●目次
 第1章 家庭を離れて生活する子どもたち
  1 子どもをとりまく環境
  2 子どもの社会的養護
  3 ケアワーカーの役割
  4 施設の生活
  5 児童養護の変遷

 第2章 事例研究の進め方

 第3章 事例
  1 社会に出たら
  2 もっときびしく
  3 おやつがなくなった
  4 おとなは信用できない
  5 物を大切に
  6 タバコを吸って
  7 掃除がきらい
  8 勉強ができない
  9 冷たい雨の夜に
  10 豊かになったけれど
  11 小さい子の世話に追われて
  12 ニックネーム
  13 近所のおじいさん
  14 使い走り
  15 施設を出て自由に
  16 デートしたい
  17 作って遊ぼう
  18 ちょっと待ってね
  19 おとなしい子なのに
  20 一緒に折り紙を
  21 楽しい食事
  22 家庭のような生活を
  23 当たり前の別れ
  24 近ごろの高校生は
  25 脅されて

 第4章 施設職員の本棚に