学苑社

特別支援教育・福祉・心理の本

学生相談から切り拓く大学教育実践

学生相談から切り拓く大学教育実践学生相談から切り拓く大学教育実践
学生の主体性を育む

窪内節子監修
設樂友崇・高橋寛子・田中健夫編著
A5判/並製 3200円+税
ISBN:978-4-7614-0769-8



学生相談担当者ならではの、学生一人ひとりの成長を中心に据えた視点や大学教育実践の記述が満載。

LinkIconアマゾンで購入する
LinkIcon楽天ブックスで購入する
LinkIconセブンネットショッピングで購入する

●著者紹介(初版時)
監修者
窪内 節子(くぼうち せつこ)【監修・第Ⅰ部第1 章・第Ⅲ部】
山梨英和大学副学長、人間文化学部教授、博士(心理学)
1972年横浜国立大学教育学部卒業、小学校教諭を経て、1981年国際基督教大学大学院教育学研究科(教育心理学専攻)博士前期課程を修了。国際基督教大学非常勤カウンセラーを経て、1993年より恵泉女学園大学・短期大学学生相談室の専任カウンセラー。1998年山梨英和短大専任講師、2002年山梨英和大学助教授、2003年同教授、2011年より同副学長(現在に至る)。一貫してカウンセラーあるいは相談室長として学生相談活動に携わり、また学生相談学会理事として大学カウンセラー資格の制定に取り組み、2012年学生相談学会学会賞を受賞する。
主要著訳書:『生徒理解と教育相談』(単著、玉川大学通信学部)、『学生のための心理相談』(分担執筆、培風館)、『バチュラーズ:結婚しない男達の心理』(監訳、世織書房)、『やさしく学べる心理療法の基礎』(共著、培風館)、『学生相談ハンドブック』(分担執筆、学苑社)、『やさしく学べる心理療法の実践』(編著、培風館)

執筆者
設樂 友崇(したら ともたか)【編集・第Ⅱ部第1 章】
 山梨英和大学学生相談室主任カウンセラー
高橋 寛子(たかはし ひろこ)【編集・第Ⅰ部第3 章】
 山梨英和大学人間文化学部准教授
田中 健夫(たなか たけお)【編集・第Ⅰ部第4 章・第Ⅲ部】
 東京女子大学現代教養学部教授
桐山 雅子(きりやま まさこ)【第Ⅰ部第2 章】
 中部大学学生相談室教授
高石 恭子(たかいし きょうこ)【第Ⅰ部第5 章】
 甲南大学文学部教授・学生相談室カウンセラー
杉原 保史(すぎはら やすし)【第Ⅰ部第6 章】
 京都大学 学生総合支援センター 教授
矢部 浩章(やべ ひろあき)【第Ⅱ部第2 章】
 立教大学学生相談所・山梨英和大学学生相談室カウンセラー
深澤 あずさ(ふかさわ あずさ)【第Ⅱ部第2 章】
 長野大学学生相談室カウンセラー
石川 与志也(いしかわ よしや)【第Ⅱ部第3 章】
 ルーテル学院大学総合人間学部専任講師
山下 親子(やました のりこ)【第Ⅱ部第4 章】
 立教大学学生相談所カウンセラー
山川 裕樹(やまかわ ひろき)【第Ⅱ部第5 章】
 成安造形大学芸術学部准教授
山崖 俊子(やまぎし としこ)【第Ⅱ部第6 章】
 前津田塾大学教授
小倉 清(おぐら きよし)【第Ⅲ部】
 クリニックおぐら院長
鶴田 和美(つるた かずみ)【刊行によせて】
 名古屋大学名誉教授

●目次

第Ⅰ部 学生相談経験からみる現代の学生像
第1章 問題を抱えつつも援助を求めない学生への支援
 ―甘えを捉える「原初的な気持ちのむすびつき」を基盤にして 窪内節子
第2章 若者の育ちにみる「思春期延長」
 ―聞くことで人を育てる 桐山雅子
第3章 身体的実感を育む
 ―「隠す」関係から「感じあう」関係への心理教育的支援 高橋寛子
第4章 否定をくぐり、経験する自分をつくる 田中健夫
第5章 主体をかたちづくる
 ―現代学生の自己形成の特徴と学びへの支援 高石恭子
第6章 「悩めない学生」に関わる視点を求めて
 ―悩むことに許容的でなくなっていく社会の中で 杉原保史

第Ⅱ部 学生相談が開拓する大学教育の可能性
第1章 大学生の心を育てる学生相談のサーキュレーション機能
 ―姿を見せるカウンセラー 設樂友崇
第2章 学生相談室による多面的グループワークの模索
 ―小規模大学で“ 日常” と“ 非日常” を提供しながら 矢部浩章・深澤あずさ
第3章 キャンパス・アイデンティティグループの実践
 ―逞しくしなやかな心を鍛える予防教育的集団精神療法 石川与志也
第4章 学ぶ主体を育む「学生相談面接」
 ―“ こころ” と“ 現実” の両面を視野に入れた支援の事例をもとに 山下親子
第5章 授業において「遊ぶ」こと
 ―美術大学でのグループワーク実践から 山川裕樹
第6章 「わたし」を育てる授業を目指して
 ―女子学生が思わず「本気」になる教材の検討 山崖俊子

第Ⅲ部 座談会:大学生のこころへのまなざし
小倉清vs. 窪内節子

刊行によせて 鶴田和美

●帯
小倉清氏 推薦!
日本の明日を担うべき若者たちがいかにして自分自身を知り、広い視野をもって社会人としての認識・新しい覚悟をもつに至るのか。その心の変換の指標となるべきものを明示せんとする専門家、待望の書。