学苑社

特別支援教育・福祉・心理の本

描画から箱庭まで

byoga.jpg在庫僅少
描画から箱庭まで
ユング派による子どもの心理療法

J・アラン著
阿部秀雄監訳
四六判/並製 2816円+税
ISBN:978-4-7614-9001-0


情緒的問題を抱える子どもたちに描画・物語・劇化・箱庭などの様々なアプローチを試み、内的世界を 自ら開示するように誘う。

●目次
1 美術と描画
 第1章 子どもの情緒的・象徴的コミュニケーション
 第2章 連続描画法
 第3章 自発的描画と指示的描画−性的虐待児と身代的虐待児の治療例−
 第4章 バラの木−イメージ技法による潜在的虐待児の判定−
 第5章 自発的描画−死にゆく子どものカウンセリング−
 第6章 大地と火と水と太陽と−元型による美術教育−
 第7章 色と象徴

2 空想と劇
 第8章 空想遊び−精神病児の治療−
 第9章 創造期−思春期児童の集団治療例−
 第10章 連続物語法−身体的虐待児の治療例−
 第11章 箱庭療法