学苑社

特別支援教育・福祉・心理の本

マリア・モンテッソーリと現代

montegendai.jpgマリア・モンテッソーリと現代
子ども・平和・教育

前之園幸一郎著
A5判/並製 2000円+税
ISBN:978-4-7614-0707-0


モンテッソーリの生涯を紹介し、イタリアの文化的背景および現代社会の視点から、その思想・教育法を解説。

●著者紹介(初版時)
前之園幸一郎(まえのそのこういちろう)
1936年鹿児島県生まれ
早稲田大学教育学部卒業
東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了
ローマ大学留学(イタリア政府奨学生)
博士(宗教文化)(英知大学)
東京大学教育学部助手、明星大学人文学部教授、青山学院女子短期大学教授を経て、現在同短期大学学長
Opera Nazionale Montessori ローマ本部現理事
主要著書「『ピノッキオ』の人間学」(1987)青山学院女子短期大学学芸懇話会.『子どもたちの歴史』(1989)永田書房.『イタリア・ルネサンス期教育論』(1975)翻訳、明治図書.『イタリアの記憶』(1998)大空社.
共著「ヴェルジェリオ」『ルネサンスの教育思想』(上)(1985)上智大学中世思想研究所編、東洋館出版社.「ローマのフランチェスカ幻視」『女性の神秘家』(中世思想原典集成15)(2002)上智大学中世思想研究所編、平凡社.

●目次
序 章  モンテッソーリと現代社会

第1章 モンテッソーリの自己選択
 モンテッソーリの幼児期とその時代背景
 19世紀イタリアの女子教育とモンテッソーリ
 大学におけるモンテッソーリ

第2章 モンテッソーリ教育思想の展開とチッタ・ディ・カステッロ
 チッタ・ディ・カステッロとモンテッソーリ
 第1回モンテッソーリ・コースの開催
 モンテスカの学校/『方法』初版本について

第3章 モンテッソーリの障害児教育への視座
 平和を希求するモンテッソーリ
 研究者としてのスタートと社会的関心
 教育的・社会的問題としての障害児教育
 「知的障害児保護のための全国同盟」とモンテッソーリ
 衛生教育と精神的健康
 モンテッソーリの母性的まなざし

第4章 モンテッソーリの教育法と「受肉」としての子ども像
 モンテッソーリ教育法
 「子どもの家」
 教育における科学的方法と精神的胎児
 幼児の心理的逸脱現象とその正常化
 モンテッソーリ教育における幼児の社会性

第5章 モンテッソーリ教育における宗教性とカトリックからの批判をめぐって
 実証的教育学と宗教教育
 回勅『青少年のキリスト教的教育』と
  『方法』第3版に対するカトリックからの批判
 モンテッソーリからの反論と「コスミック教育」

第6章 モンテッソーリの教育思想における宇宙的秩序
 宇宙的秩序と被造物の使命
 宇宙的教育の秩序的構造
 植物学における宇宙的計画

第7章 イタリア人気質—主体性と創造性
 やさしさと祈りの伝統
 主体性と創造性/イタリアにおける幼児教育の特質
 ピノッキオの作者が見たイタリアの現実
 『ピノッキオの冒険』が生まれた
 『ピノッキオの冒険』—日本人との出会い

第8章 拡大を続けるモンテッソーリ教育と現代社会の子どもたち
 イタリア・モンテッソーリ協会の活動と機関誌『幼児の生活』
 イタリアにおけるモンテッソーリ教育への批判
 ファシズムとモンテッソーリ/イタリアから世界へ
 現代社会の快適さの追求と子どもをめぐる現実
 求められる人間の「自然本性」の回復の視点

●帯
子どもから学んだ教育者 モンテッソーリの軌跡をたどる
「子どもの家」誕生から100周年を迎えた2007年。意外に知られていないモンテッソーリの生い立ちや生涯を紹介し、イタリアの文化的背景および現代社会の視点から、その思想、教育法に照明をあてる。今日の教育・子育ての問題への貴重なメッセージを伝える書。