学苑社

特別支援教育・福祉・心理の本

失語症・回復への声

失語症 回復への声

小山充道編著
四六判/並製 2718円+税
ISBN:4-7614-9501-4


失語症には様々な分野の関与が必要である。コ・メディカル・アプローチを具体的に解説し、あるべき実践の姿を示す。上田敏氏推薦。

●目次
第1章 患者と家族の声
 1 趣味に打ち込み障害を克服
 2 夫婦二人三脚で逆境を乗りきる
 3 受容に至るまでの長い道のり
 4 社会の荒波にもまれて

第2章 医師の声
 1 医学から見た失語症
 2 失語症の検査
 3 症例

第3章 言語治療の実際
 1 言語症状とタイプ
 2 リハビリテーション
 3 失語症と共に

第4章 医療カウンセラーの目
 1 医療カウンセリングの流れ
 2 失語症の症例
 3 いのちとの出会い
 4 失語症にふれる臨床心理士

第5章 苫小牧東病院の実践
 1 リハビリテーションの概要
 2 言語療法士の声
 3 理学療法士の声
 4 作業療法士の声
 5 看護婦の声
 6 医療ソーシャルワーカーの声

第6章 地域リハのとりくみ
 1 言語療法士による地域リハビリテーション
 2 医師と地域リハビリテーション