学苑社

特別支援教育・福祉・心理の本

発達障害のある子と家族が幸せになる方法


発達障害のある子と家族が幸せになる方法
発達障害のある子と家族が幸せになる方法
コミュニケーションが変わると子どもが育つ

原哲也著
四六判/1600円+税
ISBN:978-4-7614-0801-5


「発達障害のある子」と「子どもと生きる家族」が幸せを育てていくにはどうしたらいいか?「専門家が書いた応用の効く実践書 」として関係者にもおすすめです。榊原洋一先生・推薦! 前野隆司先生・解説!

LinkIconアマゾンで購入する
LinkIcon楽天ブックスで購入する
LinkIconhontoで購入する

●著者紹介(初版時)

言語聴覚士・社会福祉士
一般社団法人WAKUWAKU PROJECT JAPAN代表理事
1966年生まれ、千葉県出身。明治学院大学社会学部社会福祉学科卒業後、単身カナダに渡り、ブリティッシュコロンビア州の障害者グループホームに勤務。カナダ政府外郭団体のインディアン支援プロジェクトにも参画。その後、ヨーロッパやアジアで障害児者施策、貧困層の生活地域リサーチを行う。帰国後、25歳で東京都文京区の障害者施設職員に。27歳で国立身体障害者リハビリテーションセンター学院・聴能言語専門職員養成課程に通学。東京大学医学部附属病院などで研修。29歳で長野県の信濃医療福祉センター・リハビリテーション部に専門職員として勤務。1999年『言語聴覚士』資格を取得。2005年に病院を退職した後も、委嘱を受けて市町で発達相談および保育園、学校への巡回相談業務に携わる。年間400件、現在まで5,000件以上の相談経験をもつ。2015年10月に『発達障害のある子の家族を幸せにする』ことを志に、一般社団法人WAKUWAKU PROJECT JAPANを長野県諏訪市に創設。

●目次

序章 コミュニケーションって何だろう?
…子どもと協力して共通の幸せな瞬間を創る
第1章 ポイント1 発達障害のある子にはどんな特徴があるの?
…脳の機能的特性がさまざまな特徴をもたらす
第2章 ポイント2 どうしてほしいの?
…尊重されたい・安心したい・信頼したい・有能でありたい・
楽しみたい・人とつながりたいという子どもの思いを充たす
第3章 ポイント3 なんでそういうことするの?
…行動の理由に関心をもち、褒め方と叱り方のコツを覚える
第4章 ポイント4 どうやって遊んであげたらいいの?
…大人はガイド! 子どもと遊ぶコツを覚える
第5章 ポイント5 どうやって助けてあげたらいいの?
…援助することで自尊心を育てる・子どもに親切に、そして信頼を育む
第6章 ポイント6 コミュニケーションのコツ まだあるの?
…アイコンタクト、真似、伝え方のコツ、オノマトペ、選択・交渉・合意
エピローグ 子どもと家族の幸せへの道筋

●帯
榊原洋一先生(小児科医、お茶の水女子大学名誉教授)推薦!
著者の温かな心と、豊富な経験に裏打ちされた、発達障害をもつ子どもを幸せにする方法が詰まった本。発達障害をもつ子どもたちだけでなく、子ども・子育てに関わるすべての人に推薦したい。

「幸福学」の第一人者、前野隆司先生(慶応義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授)が解説!