学苑社

特別支援教育・福祉・心理の本

特別なニーズのある子どもの早期介入と地域支援

特別なニーズのある子どもの早期介入と地域支援特別なニーズのある子どもの早期介入と地域支援
東京発:子ども・学校・家庭へのアプローチ

舩越知行編著 
荒井聡・大橋雄治・大原隆徳・葛西祥子・竹谷志保子・星茂行・守永英治著
A5判/並製 2800円+税
ISBN:978-4-7614-0737-7



東京都特別区でリアルタイムに進む発達支援、親支援・家庭支援、保育支援、特別支援教育で行なわれる支援の最新状況を紹介。

●著者紹介(初版時)
舩越 知行(ふなこし ともゆき)
目白大学人間学部人間福祉学科教授(臨床心理士)
1976年青山学院大学大学院文学研究科心理専攻修士課程修了。専門は、発達臨床、発達支援システム。主な著書:『発達支援学』(共著、協同医書出版社)、『新版小児保健Ⅱ 障害児の理解と発達支援』(共著、建帛社)、「大学生のメンタルヘルスと学生相談」精神療法第33巻第5号(共著、金剛出版)

荒井 聡(あらい さとし)
豊島区東部子ども家庭支援センター保育園巡回発達相談員
大橋 雄治(おおはし ゆうじ)
中野区北部すこやか福祉センター地域ケア担当副参事
大原 隆徳(おおはら たかとく)
世田谷区子ども部要支援児童担当課発達障害児支援担当係長
葛西 祥子(かさい しょうこ)
前渋谷区子ども発達相談センター所長
竹谷 志保子(たけがい しほこ)
社会福祉法人からしだね足立区立青井保育園園長
星 茂行(ほし しげゆき)
葛飾区教育委員会事務局指導室特別支援教育担当係長
守永 英治(もりなが えいじ)
新宿区子ども総合センター子ども総合支援係長

●目次
第I部 早期介入のとらえ方
1 早期介入とその対応
2 インクルージョンと早期介入
3 特別なニーズから見た特別区の子ども事情
4 通園施設の現状と課題
5 早期介入と母子保健事業
6 支援における環境誘因の活用
7 親への対応と在宅支援の期待
8 諸外国における親支援
9 今後の特別なニーズと障害のある子どもへの対応

第II部 早期介入と地域支援の実際
1 中野区発 保健福祉センターにおける早期介入と地域支援
2 足立区発 保育所における早期介入と地域支援
3 豊島区発 巡回相談における早期介入と地域支援
4 新宿区発 子ども家庭支援における早期介入と地域支援
5 渋谷区発 発達相談センターにおける早期介入と地域支援
6 世田谷区発 発達障害における早期介入と地域支援 
7 葛飾区発 就学移行支援における早期介入と地域支援
8 江戸川区発 放課後支援における早期介入と地域支援 

第Ⅲ部 施設一覧

●帯
人口800万人の特別区における早期介入と発達支援システム
特別なニーズのある子どもへの地域に根差した早期介入について、専門機関が果たすべき役割を解説しながら、東京都特別区でリアルタイムに進む発達支援、親支援・家庭支援、保育支援、特別支援教育で行なわれる支援の最新状況を紹介する。