学苑社

特別支援教育・福祉・心理の本

「精神薄弱」の誕生と変貌 下

hakujyaku2.jpg 「精神薄弱」の誕生と変貌 下
アメリカにおける精神遅滞の歴史

J・W・トレントJr著
清水貞夫・茂木俊彦・中村満紀男監訳
A5判/上製 3200円+税
ISBN:978-4-7614-9702-6


20世紀初頭、ナチス・ドイツに先行して優生思想が全米を席巻した。その克服とノーマリゼーションの誕生・発展を言及。

●目次
第5章 脅威としての精神薄弱者
 19世紀末−人間として“禍”なのか“福”なのか−/
 “脅威”としての精神薄弱者観の社会的構成/
 精神欠陥者の“施設内総収容化”/
 特殊教育/知能検査と優生学の社会的構成/
 精神薄弱に対する恐怖の広がり/まとめ

第6章 断種・仮退所・ルーティーン化
 施設収容者数のコントロールを目的とする断種/
 仮退所の基礎づけ/まとめ

第7章 精神遅滞をめぐる変動−戦争、天使、親たち、そして政治家−
 終戦まで/身の上話の述懐/
 “子ども”としての精神遅滞の構成/
 至上の人たち、最も輝ける人たち、そして精神遅滞/
 入所施設の盛衰/大衆の中へ/まとめ

終 章 愚か者を喜んで忍ぶことについて