学苑社

特別支援教育・福祉・心理の本

保育士のための気になる行動から読み解く子ども支援ガイド

保育士のための気になる行動から読み解く子ども支援ガイド保育士のための
気になる行動から読み解く子ども支援ガイド

藤原義博監修
平澤紀子・山根正夫・北九州市保育士会編
B5判/並製(1600円+税)
ISBN:978-7614-0507-6



「ちょっと気になる」行動を示す子どもたちに悩む保育士さん必携の書。具体的な事例やQ&Aも収録し、実践に役立つヒント満載。

LinkIconアマゾンで購入する
LinkIcon楽天ブックスで購入する
LinkIconセブンネットショッピングで購入する
LinkIconブックサービスで購入する

●目次
第1章 気になる・困った行動を示す子どもたち
1. 障害のある子どもたち
2. 軽度の発達障害のある子どもたち
3. 子どもを見る目…ちょっと気になる、“大丈夫?”…

第2章 気になる・困った行動の理解と対応
1. 気になる・困った行動とは
2. 気になる・困った行動が起きる理由
3. 気になる・困った行動の意味からの配慮や工夫
事例1⇒友達を叩く代わりに「どいて」と言えばいいね!
事例2⇒友達に手を出す代わりに「かして」と言えばいいね!
事例3⇒友達を叩く代わりに「かしてあげるよ」と言えばいいね!
4. 気になる・困った行動が起きる状況・場面からの配慮や工夫
事例4⇒好きな○の形で「どのくらい遊べる?」かわかったよ!
事例5⇒個別指示や手順カードで「次に何する?」かわかったよ!
事例6⇒興味のある歌で「今、何する?」かわかったよ!
事例7⇒先生の位置で「どこに座る?」かわかったよ!
事例8⇒砂時計で「いつ着替えはじめ、いつまでに終わる?」かわかったよ!
事例9⇒ベルで「いつ次の活動が始まる?」かわかったよ!
事例10⇒「かして」はうまく言えないので、先生が友達に
     「かしてあげる」を教えてくれたよ!
事例11⇒「1番になりたい」思いや工夫を先生が友達に伝えてくれたよ!
事例12⇒「なかよくしたい」思いや対応を先生が友達に教えてくれたよ!
5. 気になる・困った行動から適切な行動を育む見方
事例13⇒「今参加できている野球遊びの機会」で
     集団で楽しく遊べるようになったよ!
事例14⇒「興味のある昆虫を通じたかかわりの機会」で
     友達と楽しくかかわれるようになったよ!

第3章 気になる・困った行動を起こさない保育的配慮
    …保育活動への参加の促進…
1. 保育活動への参加に向けて
2.「保育」として、「保育士」としてできること
3. 保育方針と基本的な進め方
4. 保育活動への参加を促すかかわり
5. 入所時から困ったことをさせない配慮や工夫
事例1⇒「飛び出す前に」の対応で逸脱行動が減ったよ!
事例2⇒ことばより、「赤いテープ」でわかったよ!
事例3⇒「できない工夫」で物を壊さなくなったよ!
6. 入所時からしっかりと活動機会を与える
事例4⇒「一緒に手を添えて」教えるとできるようになったよ!
事例5⇒好きなことから、「座って○○しようね」と誘うと座ってくれたよ!
7. 子どもの理解や活動参加を助ける配慮や工夫
事例6⇒「見てわかる」マークや絵カードで伝わったよ!
事例7⇒「針が○○にくるまで待とうね」で待ってくれたよ!
事例8⇒「アラームが鳴ったら○○するよ」でわかってくれたよ!
8. 子どもができることや得意なことを生かす
事例9⇒好きな踊りをみんなが褒めることで集中できたよ!
事例10⇒かっこいい「ポーズ」を褒めて自信がついたよ!
事例11⇒好きな「ごっこ遊び」で友達と遊べるようになったよ!

第4章 保育所への支援と関係機関との連携
1. 早期療育と支援システム
2. 早期療育における保育の役割
3. 保育所への支援と関係機関との連携

保育Q&A
●行動の捉え方
●気になる、困った行動への対応
●子どもの育ちを支援
●集団の中での個別の配慮
●他の子どもへの配慮
●保護者との連携