学苑社

特別支援教育・福祉・心理の本

行動変容アプローチによる問題解決実践事例

henyo.jpg 行動変容アプローチによる問題解決実践事例
障害者福祉への導入を目標に

三原博光 著
A5判/並製 2500円+税
ISBN:978-4-7614-0603-5


障害者福祉施設や在宅の場での、問題行動の改善・自立に必要な行動形成に役立つ行動変容アプローチのすべて。

LinkIconアマゾンで購入する
LinkIcon楽天ブックスで購入する
LinkIconセブンネットショッピングで購入する
LinkIconブックサービスで購入する

●目次
第1部 従来の障害者福祉の実践
第1章 障害者福祉の動向
 1 ノーマライゼーション
 2 社会的自立
第2章 ソーシャルワークにみられる障害者家族への援助
 1 障害者家族に対する調査
  (1)障害者の両親に対する調査
  (2)障害者のきょうだいに対する調査
 2 障害者家族に対するソーシャルワークの実践
  (1)障害児の両親に対するソーシャルワーク
  (2)障害者自身に対するソーシャルワーク
  (3)従来のソーシャルワークの限界

第2部 行動変容アプローチの理論
第3章 行動変容アプローチの目的
 1 障害者の行動変容の必要性
  (1)生命を守る観点
  (2)心理的成長を促進する観点
  (3)社会的自立による観点
 2 行動変容アプローチの利点
  (1)容易な理論
  (2)介入に対する動機づけの提供
  (3)介入の評価
  (4)ノーマライゼーションへの貢献
第4章 行動変容アプローチの特徴
 1 学習の3つのタイプ
  (1)リスポンデント条件づけ
  (2)オペラント条件づけ
  (3)観察学習
 2 行動変容アプローチによる実践的取り組み
  (1)望ましい行動の形成
  (2)望ましくない行動の減少
  (3)目標行動の選定
  (4)行動分析
  (5)強化子の選定
  (6)強化子の提供方法
  (7)形成化
  (8)促進(プロンプティング)
 3 介入効果測定
  (1)反転実験計画法(ABABデザイン)
  (2)多層ベースライン実験計画法
第5章 行動変容アプローチの技法
 1 望ましい行動を形成させる技法
  (1)形成化
  (2)トークン・エコノミー
  (3)モデリング
 2 望ましくない行動を減少させる技法
  (1)タイムアウト
  (2)タイムアウトと正の強化技法
  (3)電気療法
  (4)リスポンス・コスト、保護装置
  (5)罰技法以外の取り組み(自傷行動に対して)

第3部 行動変容アプローチの実践例
第6章 知的障害者居住施設における実践
 1 重度知的障害者に対する食事指導
  —他の利用者と同じペースで食事をする行動の形成—
  (1)はじめに
  (2)介入方法
  (3)結果および考察
  (4)課題
 2 5名の知的障害者に対する余暇指導
  —文章を正確に書く行動の形成—
  (1)はじめに
  (2)介入方法
  (3)結果および考察
第7章 知的障害者授産施設における実践
 1 4名の重度知的障害者に対する作業継続行動の形成
  (1)はじめに
  (2)介入方法
  (3)結果および考察
  (4)結論
 2 重度知的障害者に対する自転車みがきの行動形成
  (1)はじめに
  (2)介入方法
  (3)結果および考察
  (4)課題
第8章 肢体不自由児施設における実践
 1 2名の肢体不自由児に対する減量指導
  (1)はじめに
  (2)介入方法
  (3)結果および考察
  (4)全体的考察
  (5)結論
第9章 在宅知的障害児における実践
 1 重度知的障害児の舌なめ行動の減少を目指した取り組み
  (1)はじめに
  (2)介入手続き
  (3)結果および考察
  (4)結論
第10章 行動変容アプローチの意義と特徴
     (実践事例を通して)
 1 意義
  (1)介入場面が喜びに変わる
  (2)介入場面から生まれる生活目標
  (3)周囲の認識を変える介入
 2 特徴
  (1)強化子
  (2)記録の方法
  (3)介入効果の測定
  (4)フォローアップ
 3 結論
 4 課題