学苑社

特別支援教育・福祉・心理の本を出版している会社です

心理関係

いじめられっ子の流儀

知恵を使ったいじめっ子への対処法
 
ケイト・コーエン・ポージー 著
奥田健次監訳
冬崎友理 訳
四六判/1600円+税
ISBN:978-4-7614-0784-1
 


いじめに屈しないために、知恵と機転でいじめっ子をひねり返す技を伝授。「ほめ言葉」「賛同」「質問」などのテクニックを駆使し、意地悪の連鎖を断ち切る。

 
 

大学生が出会うリスクとセルフマネジメント

社会人へのステップ
 
逸見敏郎・ 山中淑江編著
A5判/2000円+税
 
 


カルトやネット依存、メンタルヘルスなど、大学生が直面するリスクについて、11人の著者が理論的な解説そして具体的な対応を紹介。

 
 

学生相談と連携・恊働

教育コミュニティにおける「連働」
 
齋藤憲司著
A5判/5000円+税
 
 


相談活動の方向性を見渡す新たな視座として「連働」という概念を提唱し、個別相談が果たす教育コミュニティへの作用について考察する。

 
 

学生相談から切り拓く大学教育実践

学生の主体性を育む
 
窪内節子監修
設樂友崇・高橋寛子・田中健夫編著
A5判/3200円+税
 
 


学生相談担当者ならではの、学生一人ひとりの成長を中心に据えた視点や大学教育実践の記述が満載。
 

 

高齢者カウンセリング

傾聴からはじまる出会い
 
 
原千恵子著
四六判/1800円+税
 
 


一人でも多くの人が傾聴を実践に活かすために、基本から実際の事例までを幅広く紹介。

 

 親子でできる

引っ込み思案な子どもの支援
 
 
クリストファー・A・カーニー著
大石幸二監訳
A5判/2200円+税
 


引っ込み思案を克服するためのワークシートを活用した練習方法、ソーシャルスキルやリラクセーションを組み合わせた支援方法を紹介。

 

 学生相談と発達障害

 
 
高石恭子・岩田淳子編著
四六判/2000円+税
 


学生相談を行なうカウンセラーや教職員が「発達障害」をめぐって直面する疑問や困難を取り上げ、事例として提示し、そこからどのような対応があり得るかを解説。

 
 

 ひきこもりと大学生

和歌山大学ひきこもり回復支援プログラムの実践
 
宮西照夫著
四六判/2000円+税
 


行き詰まった家族には、ひきこもり経験者が入り、空気を変えることが必要であると説く著者が、独自のプログラムを詳細に解説。

 

 
学生相談ハンドブック

 
日本学生相談学会50周年記念誌編集委員会 編
A5判/4500円+税
*日本学生相談学会会員の方におかれましては、会員特別価格を設定しておりますので、直接学苑社までお問い合わせください。
 


多様な側面がある学生相談について、キャンパス全体を視野に入れた専門的な実践方法など具体的に提示。
 

 
 

心理学AtoZ

基礎から臨床まで
 
原千恵子編著
B5判/2400円+税
 


心理学の基礎と実践に通じる臨床心理学の2領域を1冊で学べる入門書の決定版。心理学を初めて学ぶ人、社会福祉士試験の対策に最適。