学苑社

特別支援教育・福祉・心理の本

HOME > 感覚と運動の高次化理論

感覚と運動の高次化理論

感覚と運動の高次化からみた子ども理解障害児の発達臨床1
感覚と運動の高次化からみた子ども理解

宇佐川浩著
A5判/上製 2800円+税


行動の発達的意味を問いつつ、つまずいている発達要因間の絡みやその発達プロセス、感覚と運動の高次化発達水準について解説。

詳しく見るLinkIcon

感覚と運動の高次化による発達臨床の実際障害児の発達臨床2
感覚と運動の高次化による発達臨床の実際

宇佐川浩著
A5判/上製 2800円+税


発達臨床の問題や自閉症児・軽度発達障害児に対する感覚と運動の高次化アプローチからみた支援と臨床論、教材・教具論などを解説。

詳しく見るLinkIcon

発達支援実践塾
発達支援実践塾
開けばわかる発達方程式

木村順・川上康則・加来慎也・植竹安彦編著
発達障害臨床研究会著
A5判/並製 1500円+税


基礎編、解説編、実践編に分け、「感覚と運動の高次化理論」と「感覚統合理論」の視点から、子どもの発達支援を具体的に解説。

詳しく見るLinkIcon

〈発達のつまずき〉から読み解く支援アプローチ〈発達のつまずき〉から読み解く支援アプローチ

川上康則著
A5判/並製 1500円+税


27の具体的な子どもたちの姿を取り上げ、つまずきのサインの読み解き方と、指導や支援の具体的な方向性を示す。つまずきを読み解く視点を踏まえた子ども理解の重要性を訴える。

詳しく見るLinkIcon